つらいアトピーに悩む人を助けるスキンケア術

両手を頬にあてる女子

日頃の生活で

スキンケアのいき届いてる外国人女性

アトピーにも様々な原因があります。もともとアレルギー体質な人、あるいは普段の生活で肌を不潔にしている人など、人によって原因が違います。どんな原因であっても、日頃からスキンケアを心掛けきれいな肌を目指しましょう。

More

保湿の重要性

タイルの上のバスグッズ

アトピーの悩みから開放されるため、スキンケアは大切です。スキンケアとして最も重要なのが保湿です。ストレスを溜めないようにしたり、紫外線に当たらないようにしたりという方法もありますが、保湿を心がけることが大切です。

More

化粧品を選ぶ

たくさんの化粧品

日頃のスキンケアに保湿化粧品を使いましょう。保湿化粧品もたくさんありますが、肌の弱いアトピーの人はなるだけ刺激の弱いものを選んだり、保水効果のあるものを選んだりすると良いでしょう。

More

適した成分

ビンに入った化粧品

アトピーに効く保湿化粧品を購入するとき、そういった成分が配合されているか確認しましょう。スキンケアのときに効果が期待できる成分が入っているものを使うことが、アトピーの悩みから開放される近道です。

More

内側から

大量の化粧品

外からのスキンケアも大切ですが、内側から改善するために、食事など普段の生活も見直す必要があります。ストレスなどもアトピーの原因と言われています。化粧品だけでなく、生活習慣も気にかけましょう。

Read more

薬に頼らない

コンパクトを見る女性

多くのアトピーの人は、ステロイドという薬を服用します。重度のアトピーであれば必要ですが、軽度の場合はスキンケアなどをきちんと行うことが出来れば、薬に頼ることなく改善に近づくことが出来ます。

Read more

潤すこと

3本の化粧品

食べたいものが食べられる、着たいものが着られるというのは、当たり前に思っていまいますが、大変幸せなことです。
そういったことが当たり前に行えない人がいます。
それは、アレルギーを持った人です。
食べ物、着るもの、使うものなどでアレルギーを起こしてしまう人がいます。
その中でアレルギーを起こしやすい人、元々皮膚が弱い人がなるものを、アトピー性皮膚炎といいます。
皮膚の炎症があるもので、湿疹やかゆみを常に伴います。
良くなったり、悪くなったりという状況が繰り返されて、治りにくく慢性化してしまうのが大きな特徴です。
小さい子どもは2ヶ月以上、大人だと半年以上続いてしまうと慢性化しているといってもいいでしょう。

アトピーは長期的にかゆみや湿疹がでる状態をいいます。
原因はダニやホコリ等などの直接的な皮膚への刺激、ストレスや睡眠不足なども関係してきます。
アトピーへの対処法として、スキンケアを行なうという方法があります。
スキンケアに保湿化粧品などを使って、肌を清潔に保ち、水分を与えます。
肌が弱い人がなりやすいものなので、スキンケア用品も刺激の少ないもの、保湿力があるものを選びましょう。
天然や無添加といったうたい文句が書かれたものも販売されていますが、それらが安心安全とはいえません。
保湿と保水の両方を意識して、クリームなども塗るようにしましょう。
ハーブなどもアトピーに効果的とされているので、ハーブティーなども取り入れてみましょう。

アトピーは、遺伝的なものもあると言われています。
また肌状態的に乾燥しやすいので、かゆくなってかくことで慢性化するものです。
もともとアレルギー体質の人、乾燥肌の人はなりやすいものとなっています。
肌が乾燥すると、肌に備わっているバリア機能が低下して、かゆみを発生させたり、外からの刺激を受けやすくなったりします。
どの時期であっても乾燥を防ぎ、保湿を心がけることが大事です。